読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛を確認しちゃう

十分なほど幸せ

つばきファクトリーのメンバーを自己流解釈して紹介する

つばきファクトリー、2月22日にメジャーデビュー!おめでとうございます!
f:id:pep_rep:20170130184639p:plain

そんなめでたいつばきですが、まだまだ、

「よくわからない」
「気付いたら増員していた」
「方向性が見えない」
「キャラクターが見えない」
「エース、センターは誰なんだ」
「よくわからない」

という声がどこからともなく聞こえてきます。
私もつばき好きなんですけど、どこが好きって言われると、まだまだよくわからないところが多いです。
ということで、わからないなりに勝手にメンバー解釈して紹介してみることにしました。
f:id:pep_rep:20170130184656p:plain

あくまで勝手に解釈なので、事実と異なる場合が多々あります。
割とフラットな目線で書きましたが、時々絶賛心を隠せていません。
ぜひそれぞれのメンバーの真の姿を、自分の目で確かめてみてください!

これを機に、ちょっとでもつばきに興味を持ってもらい、「つばきのことは大体わかってる」的な優越感に浸っていただければ幸いです。
ではいきます。

山岸理子(やまぎし りこ)

f:id:pep_rep:20170130185700p:plain

癒し系なお人好し 精確派のクールダンサー
1998年11月24日生まれ。千葉県出身。
ニックネーム:りこりこ、りこちゃん

  • つばきの人たらし。リーダー。
  • めちゃくちゃお人好し。誰にでも物すごく優しい。グループ内や研修生からの信頼も厚い。
  • おっとりしていて言い間違いなども多く、本人が意図してなくても結果的に面白くなってしまう。
  • 物腰は柔らかいものの、割と現実主義でサバサバしたモノの見方をする。
  • 自称人見知り。しかし、ナイスガールトレイニー出身者が研修生に大量合流してきた際も、積極的に遊びに行くなどコミュニケーション力が高く、打ち解けやすい性格。
  • こぶしの野村みな美ちゃんとは同期。
  • つばきの中では一番先輩に当たる。つばき結成後すぐに、自分から「みんなが良ければタメ口で」と言い出すなど、話の早い人。ちなみに、研修生加入してまだ日の浅い頃、後輩である加賀楓ちゃんと舞台に出た際も、同じようにタメ口を許している。
  • ダンスを幼い頃から習っている。研修生になればバックダンサーとしてツアーに帯同できると知り、研修生になった。
  • ダンスを習っていたためか、おっとりした雰囲気に似合わず、ゴリゴリのブラックミュージックを好んで聴く。
  • ℃-uteが大好き。℃-uteコンの帯同経験もあり、℃-uteメンバーから可愛がられている。
  • 好きな食べ物は豆もやし。
  • 姉と兄を持つ末っ子。甥もいる。
  • 「特技はリコーダー、『りこ』だけに」という、少々リアクションに困る持ちネタがある。

f:id:pep_rep:20170130185738p:plain

  • 長年培ったダンスの実力と、それに伴うパフォーマンスの表現力には目を見張る。ダンスは自己流のアレンジをせず正確、かつバタバタせず非常に安定している。ダンス部の映像などを見ると、アイドルダンスだけでは勿体ないほどの実力を感じられる。同じくダンスの上手い秋山眞緒ちゃんととともに、このダンス力をさらに活かせば、つばきも℃-uteのようにダンスを評価されるグループになるかもしれない。

f:id:pep_rep:20170130185830p:plain

  • リーダーとして申し分ない人柄と器。「どうしてこの子がリーダーなの?」と思った時にはもう手遅れ。きっとりこりこに夢中になってしまうことでしょう。柔らかい雰囲気と、余裕のあるクールなパフォーマンスとのギャップに見惚れてしまうこと間違いなし。

小片リサ(おがた りさ)

f:id:pep_rep:20170130191100p:plain

好きな数字は1番! 負けず嫌いなお調子者お姉さん
1998年11月5日生まれ。東京都出身。
ニックネーム:りさまる。、まるちゃん、リサちゃん

  • つばきの有能。サブリーダー。
  • 以前はナイスガールトレイニーとして活動しており、トレイニーの店仕舞いに伴い、ハロプロ研修生へ移籍。過去には娘。のスッピン歌姫オーデにも参加経験あり。
  • 歌唱力、ダンス力はどちらも非常に安定しており、岸本ゆめのちゃんと共に、つばきの歌唱面を支えている。透き通るような綺麗な歌声が特徴。
  • トレイニー時代の経験からか、MCも安定して上手にこなす。
  • 演技力にも定評があり、舞台5連続登板というハロプロ記録を打ち立てている。

f:id:pep_rep:20170130191315p:plain

  • ニックネームであるりさまる。の「。」を付けた理由は「なんとなく」だそう。
  • 元々ハロプロ関連に興味があったわけではなく、芸能界のオーディションを色々受けていた中でたまたまトレイニー入りの誘いを受け、加入。そしてその後、ハロヲタになった人。鞘師、佳林ちゃん、ももち、岡井ちゃんらが推しで、中でも福田花音ちゃんへの愛は並々ならぬものがある。
  • りさまるは11月5日生まれ、山岸理子ちゃんは11月24日生まれと、たった19日違いだが、一応つばきの最年長。普段から仕切りたがりなりさまるは、当時リーダーになれなかったのをショックに思い、ふわふわした雰囲気のりこりこがリーダーになることを心配していた。しかし、今ではりこりこを非常に信頼しており、「理子ちゃんがリーダーでよかったな」とのこと。りこりことは二人で食事によく行くなど、仲も良い。
  • 左利き。一人っ子。
  • スタイルの良さや白い肌、茶色い目など、一定層の好みをど直球でぶち抜いてくるルックスの持ち主。

f:id:pep_rep:20170130191354p:plain

f:id:pep_rep:20170130191432p:plain

  • しっかり者のお姉さん気質であり、かつ年上に対しては甘え上手でもある。舞台などを通して、つばきに留まらずハロメンからの信頼も得ている。
  • 「優等生に見られがちだがそうではない」、とは本人談。経歴やパフォーマンス、何をやらせてもソツなくこなすところを見ると確かに優等生なのだが、実際は目立ちたがりでお調子者、そして負けず嫌いなど、かなりのおてんば。好きな数字は一番で、2017年はなんでもナンバーワンになるのが目標らしい。つばき初期は人見知りなのか様子をうかがっているのか、実力を持て余しているようだったが、ようやく本性、本領を発揮して面白くなってきた。

新沼希空(にいぬま きそら)

f:id:pep_rep:20170130195230p:plain

気まぐれ愛され天然物アイドル
1999年10月20日生まれ。愛知県出身。
ニックネーム:きそちゃん、きそら、きそ

  • つばきのコミュ力。
  • 本人はコミュ力を向上したいらしいが、どう考えたってつばき一コミュ力がある。同期である研修生20期の記念日には真っ先に連絡をし、研修生としては後輩のあいあいとも仲が良く、年下の浅倉樹々ちゃんを可愛がり、地方組で同い年の岸本ゆめのちゃん、谷本安美ちゃんともよく絡み、追加メンバーの秋山眞緒ちゃんや小野瑞歩ちゃんのことも分け隔てなく可愛がるなど、そのコミュ力は素晴らしい。
  • お茶目で人懐っこく、可愛らしい性格。人と話すときの顔の距離が近い。時たまヤンキーのような顔付きをする。それもまた可愛い。
  • 研修生時代は黒髪だったが、最近茶髪に染めた。

f:id:pep_rep:20170130195402p:plain

  • アイドルグループの「わーすた」にハマっているらしく、ブログではよく、わーすたネタを仕込んでいることが多い。
  • 写真の加工が得意。ブログ初期から、「バイキソラーン」といった独自の挨拶付きの画像コラージュ、画像への手書きコメントなどをマメに行なっている。

f:id:pep_rep:20170130195429p:plain

  • 歌もダンスも平均以上。調子の良いときとそうでないときのムラがある感じ。非常に可愛い声の持ち主でもあり、飛び道具としても活きる人。
  • 追加メンバーが入ってからは、立ち位置としては後列が多い。でもこの位置で合ってるのかは少し疑問。全体的なレベルが安定すれば、エース格が似合うと思う。

f:id:pep_rep:20170130201131p:plain

  • 愛らしくふわふわと移り気っぽい、猫のような可愛い性格。性格面でもパフォーマンス面でも、まだ自分のコントロールは苦手そう。人との距離感の近さは長所でもあり、やや不安要素でもある。
  • その場の雰囲気を明るく和やかにしてくれる、アイドルとして天性の才能を持つ人。自分のペースを掴めるようになった時、もっともっと輝いてくれるはず。何をするのかわからないきそちゃんに、みんなメロメロなのだから。



谷本安美(たにもと あみ)

f:id:pep_rep:20170130195546p:plain

豪快愉快なしたっけお子様美人
1999年11月16日生まれ。北海道出身。
ニックネーム:あんみぃ、あみちゃん

  • つばきのお子様美人。
  • 目の覚めるような清楚美人なのだが、中身は年相応か、それよりさらに子どもっぽく、騒がしい。見た目と中身が真逆なため、友人にも、黙っていれば可愛いのにねと言われてしまう。生で見るとさらに美人。

f:id:pep_rep:20170130195647p:plain

  • 元々ハロプロのことはあまり知らず、芸能人に憧れてたまたま受けた娘。オーディションで良いところまで残り、その後研修生入り。
  • 北海道出身。現在は北海道から通いでイベントやレッスンに参加している様子。
  • 歌もダンスも未経験、そして北海道からの通いというハンデを抱えながら、日々奮闘している。
  • 人のお尻をよく触っている。℃-uteメン全員のお尻を触るなど、その度胸は凄まじい。
  • りこりこのおっとりさやお人よし加減がすごいが、あんみぃもまたおっとりとして、とても人が良い。
  • ブログは方言も相まって、独特の緩やかで穏やかな空気が流れている。一読をおすすめ。
  • ファッションが好きなオシャレさん。流行を取り入れるのも早い。きしもんがどんな服を着たらいいかとアドバイスを求めたときには、きしもんはスタイルがいいからシンプルな服を着たらいいと思うという正論で返していた。
  • イラストのセンスがかなり独特な画伯。しかし、その絵をブログに普通にアップしてしまうなど、自覚はあんまりないようで……。

f:id:pep_rep:20170130195743p:plain

  • のんびりやだが、結構ゲラだし、結構気が強い。
  • 野球にハマっており、日ハム好き。札幌ドームによく観戦に行っている。

f:id:pep_rep:20170130195959p:plain

  • ハンデの大きさを努力で埋めようとしているのが伝わってくる。パフォーマンスで真の実力を出せるようになるのは、デビュー後からかもしれない。
  • 基本子どもっぽいが、大らかでまわりの様子をよく見ているところなど、大人な一面も。愉快な美人がつばきにどんな風を吹かせるのか。とても楽しみ。

岸本ゆめの(きしもと ゆめの)

f:id:pep_rep:20170130200155p:plain

熱血天然空回り 浪速の不思議ちゃん
2000年4月1日生まれ。大阪府出身。
ニックネーム:きしもん、ゆめちゃん、ゆめの

  • つばきの天然苦労人。
  • 大阪出身、元気印、笑顔の似合う明るい性格、とわかりやすいキャラ付けのはずなのだが、素直すぎるのかどうも空回りしがち。とても良い子。自分が苦労人という自覚はなさそう。
  • 研修生、6つばき時代は綺麗なロングヘアが特徴だったが、ショートカットにしてからは男前なルックスに。舞台でも男役をイケメンにこなす。ただし中身は普通に乙女。

f:id:pep_rep:20170130200306p:plain

  • つばき初期の頃、山岸理子ちゃんが手を叩いてメンバーに集合をかけるのだが、聞こえないので、結局きしもんが隣で「手叩いてるよ!集まって!」と大声を出して集合させるという謎の方式が軽く話題となった。

f:id:pep_rep:20170130200323p:plain

  • もし自分が男だったら理子ちゃんと結婚したいらしい。「無人島に連れて行くなら理子ちゃん、何故なら理子ちゃんのためなら何でもしてあげられるから」「理子ちゃんはつばきの中で一番可愛いと思う」という心酔ぶり。
  • Berryz工房のツアーに帯同してからBerryz工房にハマり、清水佐紀ちゃん推し。そして佐紀ちゃんと同じメンバーカラーのイエローを担当することになった。佐紀ちゃんハロプロアドバイザーとしてつばきの面倒をよく見てくれており、きしもんがデレデレになっている様子が度々垣間見れる。
  • 椎名林檎が好き。楽屋でもよく曲を流しているらしい。
  • ファッションにはこだわりがあるようで、少々変わった古着を着るなど独特のセンスを持っている。そのファッションセンスは、メンバーにもよくいじられている。
  • ちなみに、現在も続けているかは不明だが、いやなことを言われたとき(例えば服がださいなど)は、言われた人の名前と内容をノートに書いていて、いつか出版してやろうという恐ろしい野望を持っているらしい。
  • 姉がいる。姪もいる。
  • 歌が得意で、つばきの歌唱面を支えている。研修生としての活動も長かったため、基礎的なステージスキルがしっかり身に付いている。可愛い曲もカッコいい曲も出来るようになりたいという、アイドルとして素敵な理想を持つ。
  • 大阪出身ということもあり、トークの面で積極的にグループを引っ張っていこうとしている。仕切りやまとめ方が上手で、安心感がある。しかし、スベることも少なくない。

f:id:pep_rep:20170130201008p:plain

  • とにかくまっすぐな子。空回りしてもきっと他の子が止めてくれるから、なんとかなる。見た目の印象重視なキャラ付けをされがちだが、若干ダークネスさを感じる不思議キャラな内面を、もっと表に出してほしいところ。きしもんのキャラ立ちが、今後のつばきの色を決めていく要になりそう。

浅倉樹々(あさくら きき)

f:id:pep_rep:20170130201650p:plain

生真面目で頑張り屋 聞かん坊の赤ちゃんエース
2000年9月3日生まれ。千葉県出身。
ニックネーム:ききちゃん

  • つばきの赤ちゃん。みんなから赤ちゃんと呼ばれる。自分ではその理由がわからないようで、「本当に赤ちゃんなのかな、、」と思ってしまっている。
  • お母さんが「魔女の宅急便」好きで、主人公の「キキ」が名前の由来。これにちなみ、ブログの挨拶では魔女を自称している。樹々ちゃん自身もジブリ作品が好き。
  • 小1でアニメ「しゅごキャラ」にハマり、Buono!にハマった。この年頃の理想的なハロプロハマりパターン。Buono!のリリースイベントにも参加していたそう。
  • 初めてBerryz工房で買ったCDは付き片。年齢の割に古参。
  • ピアノを七年間習っていたり、吹奏楽部でユーフォニアムを担当したり、「ベルサイユのばら」が好きだったりと、基本的に文化系な様子。
  • 漢字は結構苦手。ハロステクイズコーナーでもなんとなく察することができるが、どうやら学力は……。
  • 小野田紗栞ちゃんとは研修生同期。2人でディズニーに行くなど仲が良く、さおりんのことを妹のように可愛がっている。つばきではライトピンクとピーチとして、同じピンク色を背負うことになる。

f:id:pep_rep:20170130202132p:plain

  • ペットの犬のチャーリーと琥珀を溺愛しており、ブログのほとんどはチャリコハの話題とチャリコハの画像で占められている。また、インコのせんちゃん(仙台ハロコンがあった日に飼い始めたのでせんちゃん)も飼っており、同じく可愛がっているのだが、飛ぶのが少しこわいため樹々ちゃんはさわれない。こうして樹々ちゃんはペットたちに愛を注ぐ毎日なのである。
  • 素直な感動屋さん。リリースイベントの際には集まってくれたファンへの感謝でよく泣いている。
  • さおきき、ききそら、などのコンビ名をブログで積極的に使っている。が、よくよく見ると樹々ちゃんの側ばかり使っている。愛はまるで一方通行。

f:id:pep_rep:20170130202353p:plain

  • 6つばき時代も今も、エース扱いをされている節がある。とても華のある子で、ステージ上でも目を惹く。表情豊か、どんなパフォーマンスの際にも気を抜かず凛々しい表情をつくっているのが魅力。高橋愛鞘師里保田村芽実に憧れているなど、スキル厨なところも。ただし、本人の実力はまだまだなので、いかにもなエースという感じではない。

f:id:pep_rep:20170130202446p:plain

  • 生真面目でしっかりした子。ステージングのためなら他の子にも注意できる性格。また、おっとりした子が多いつばきには珍しく、せっかち。みんなを急かす様子は可愛いが、時に心配な面も。メンバーが皆優しく、またパフォーマンス時以外の樹々ちゃんが基本ポンコツなので、許されているところがある。
  • その生真面目さでどこまでまっすぐ伸びていけるか、それとも曲がる時が来るのか。頑張り屋な赤ちゃんエースの明日はどっちだ。

小野瑞歩(おの みずほ)

f:id:pep_rep:20170130203313p:plain

奇想天外、天真爛漫! 笑顔に秘められた才気
2000年9月29日生まれ。東京都出身。
ニックネーム:おみず、おのみず、瑞歩ちゃん

  • つばきのパルプンテ。ポテンシャルの塊。憧れのメンバーは佐藤優樹というところからも、そのヤバさの片鱗が伺える。
  • 「小野、瑞歩です!」という、苗字と名前の間に一呼吸置いた自己紹介が耳に残る。
  • 研修生入り以前にはキッズモデルを経験していたり、エイベックス系のスクールに通っていたりと、経歴はなかなかのもの。
  • モーニング娘。に元々興味があり、たまたま通りかかった池袋噴水広場で6スマのクリスマスイベントを見てから、さらにハロプロにのめり込んでいった。なんて良い人なんだろう(主観)。

f:id:pep_rep:20170130204237p:plain

  • 舞台未経験にして、『ネガポジポジ』では主役に抜擢。その演技力は、共に主役を演じた演技経験豊富な高瀬くるみからも「天才」と評されるほど。笑いを誘うアドリブも多く、頭の回転が速いのがわかる。

f:id:pep_rep:20170130203443p:plain

  • 左利き。姉がいる。
  • 特技はフルート。吹奏楽部。
  • 通りが良く抜ける声は武器。つばきのユニゾンの土台になれそう。可愛らしい声も出せるため、汎用性が高い。歌唱力、ダンス力はまだまだだけど、それも時間の問題。さらに伸びていくと信じさせてくれる人。

f:id:pep_rep:20170130203847p:plain

  • 楽屋では騒々しいタイプ。あんみぃとは笑いのツボが合うらしい。
  • 明るい笑顔が魅力で、どんなときも笑顔を絶やさない。少しおっちょこちょいなところも、もしや計算なのではないかと思えてしまうほど、賢さも感じられる。
  • まだまだオリメンに対して遠慮が見えるため、気兼ねない関係となる日が待ち遠しい。つばきをさらにワクワクさせてくれるのは、きっとこの子。要注目。

小野田紗栞(おのだ さおり)

f:id:pep_rep:20170130202600p:plain

心優しく力は強く 新星・桃色ナルシスト
2001年12月17日生まれ。静岡県出身。
ニックネーム:さおりん

  • つばきの良心ナルシスト。
  • 元気で喋り方がハキハキしており、トークの返しもキレがある。鏡をよく眺めていたり、「可愛い」という声が聞こえただけで「さおりのこと?」と言ってきたりと、典型的なピンク型ナルシストキャラ。
  • ブログでは自撮りが多く、「さおりの自撮り」なる語呂の良いフレーズを多用する。

f:id:pep_rep:20170130202657p:plain

  • 地元静岡でロコドルとして活動していた。 その後、娘。オーデを経て、研修生入り。
  • 両親がハロプロ好きで、昔から松浦亜弥藤本美貴に憧れていた。
  • 鞘師やめいめいに憧れている。そんなところも仲良しの樹々ちゃんと似ている。
  • 特技はピアノ、そろばん。そろばんは二段の腕前を持ち、イベントでも披露している。
  • 靴集めが趣味で、棚に入りきらないほどの靴を持っている。
  • 静岡朝日放送の情報番組「コピンクスCOSMOS」で、佳林ちゃんの後を継ぎ、キャラクターボイスを担当している。
  • 透き通るような透明感のあるルックス。さわやか五郎が「イカちゃん」というあだ名を付けている。
  • 握力の強さがすごい。どうやら握手会の時に特別力を込めているというわけではなく、普段からその握力が普通のようだ。
  • ロステクイズコーナーでは、ずっとしんどそうな表情をしていた。学力は……。

f:id:pep_rep:20170130202904p:plain

  • 可愛らしい歌声。歌唱力もまだまだ伸びそう。短期間での振り入れは苦手らしく、本人もダンスにはやや苦手意識がある模様。
  • うるわしのカメリアではセンターを任されており、期待が感じられる。樹々ちゃんとのダブルエースなどもありえそうで、今後が楽しみ。
  • 単にナルシストなわけではなく、LINEライブではきしもんがスベりそうになるのを止めようとし、会話に入れていないりさまるをトークに混ぜるなど、よく気が付く優しい性格。

f:id:pep_rep:20170130203256p:plain

  • 人見知りな雰囲気も感じられ、まだまだ未知数なところが大きい。ピンク色を背負うに相応しい人であるのは確か。キャラにも実力にもさらに磨きをかけて、ピーチ色を存分に活かしてほしいところ。ピンクは無敵、ピーチは最強。

秋山眞緒(あきやま まお)

f:id:pep_rep:20170130204301p:plain

真っ直ぐな向上心 最年少のキレキレダンサー
2002年7月29日生まれ。大阪府出身。
ニックネーム:まおぴん

  • つばきの最年少。みんなのまおぴん。
  • まおぴんというニックネームは、昔から姉と兄に呼ばれていたもの。自称もまおぴん。本人の発音はほぼ「まーぴん」に近い。小野田紗栞ちゃんからは「まおぽっくる」と呼ばれている。
  • 大阪っ子。年の離れた姉と兄がおり、末っ子オーラ全開。ただし、つばきは最年少を可愛がる風潮があまりなく、つまらない話などは容赦無く切り捨てていくため、まおぴんが戸惑っているような様子も窺える。頑張れまおぴん。

f:id:pep_rep:20170130205210p:plain

  • スポーツマンシップに溢れた、非常に熱くまっすぐな性格。人と競いながら実力を高め合うことに、純粋な喜びを感じている様子。まぶしい。
  • 腹筋がすごい。あの矢島舞美ちゃんにも相当するほどのバキバキ腹筋の持ち主。要注目。
  • 4歳からやっているというダンスの実力は相当なもの。バキバキと踊る姿は、年齢を感じさせないほどにかっこいい。
  • きそらちゃんとは姉妹のように仲良し。

f:id:pep_rep:20170130205252p:plain

  • 歌はまだパートが少ないのでなんとも言えないが、ダンスで鍛えたリズム感は相当良いと思われ、歌唱にも活きてくるはず。
  • メンバーカラーは、6つばきにはいなかった赤色を任されている。最年少に赤を任せるところには、Berryz工房の面影を感じる。センターやエースの役割を期待されているのかなと思うが、どうなるかは未知数。佐々木莉佳子ちゃんのように、ダンスエース的な役どころになるのだろうか。Just Try!の間奏での力強いダンスは見所。

f:id:pep_rep:20170130204512p:plain

  • 最年少の中学生、そして地方組ということもあり、大変なこともたくさんあるかも。しかしつばきの半分は地方組なので、助け合いながらまっすぐ成長していってほしい。まおぴんの魅力は、何より素直で貪欲なまでにまっすぐなところなのだから。

おわりに


つばき、楽しいですよ!
f:id:pep_rep:20170130205330p:plain

f:id:pep_rep:20170130205341p:plain